【How To】ウェイクサーフィンを楽しもう!初心者の為の10のヒント

ウォータースポーツが好きでたまらないあなたの為に。
次なる人生の楽しみは、ウェイクサーフィンに挑戦してみるのはどうだろうか?
これからウェイクサーフィンをスタートするあなたの為に「10」のヒントを。

ウェイクサーフィン用の船


最も大事なことはどのレベルの人においても、ウェイクサーフィン用の船でプレイすること。
なぜなら、ウェイクサーフィン用の船はプロペラに人が接触しないよう安全に設計されており、初心者でも安心して楽しむことができる。ウェイクサーフィン用以外の船ではプロペラがむき出しになっている場合もあり、重大な事故に繋がる恐れがあるので必ず確認しよう。
また、曳き波も乗りやすい波が立つように設計されているので、楽しさや上達のスピードも格段に変わってくる。

専用のトーイングロープを選ぶ


ウェイクサーフィンをやる際は、専用のトーイングロープを選ぼう。ロープには握りやすいハンドルがついており、スムーズに立てるようになっている。
基本的にトーイングショップの船には専用ロープが設置されているので、必ずしも最初から購入する必要はないだろう。

サーフボード


ウェイクサーフィンに興味を持ち、とことん追求したいのならばウェイクサーフィン用のボードを最初から選ぶべきだろう。しかし、今まで海で使っていたサーフボードをすでに持っているのなら、最初はそれを使ってトライしてみるのでも全く問題ない。通常のサーフボードとウェイクサーフィン用のボードは根本的に違う訳ではないからだ。ただ、ウェイクサーフィン用のボードはやはり乗りやすいので、上達の早さは変わるかもしれない。

スポット


まずは近所にトーイングショップがないか調べてみよう。ウェイクサーフィンは湖、川、海とさまざまなシチュエーションで楽しむことができるので、利用しやすいトーイングショップでトライするのがおすすめ。
もし自分で船を所持しており、ウェイクサーフィンにトライする場合は、周囲の安全状況を十分に確認する必要がある。また、前述した通りウェイクサーフィン用の船でなければ危険な場合があるので、その点も要注意だ。

船の速度


一般的に波に乗っている際の船の速さは10ノット前後(時速18km程度)になる。もちろんスタート時はゆっくりと始動し、バランスが取れた状態で加速する。ウェイクサーフィン用の船の多くには、スピードを一定に保つ機能がついているので、安定した波を作ることができる。

スタートの仕方


まず初めに、トーイングロープを持ち、仰向けに水に浮かぼう。その後、両足を水面に浮かばせ板に軽く両足を乗せる。その状態で船をゆっくり始動させ、ロープを引きながら、かかとを板に押し付けて立ち上がる。一見難しそうだが一度コツが分かれば簡単に立てるようになる。文章では伝わりにくいので、実際にトライしてみる方が早いだろう。

トーイングロープを離すタイミング


立ち上がってから船のスピードが出始めると、ロープがピンッと張った状態になる。ロープを引きながら波が立ち始めるあたりに移動すると、ロープに「たるみ」ができるのでそこで船に向かってロープを離そう。ロープに「たるみ」が無い状態で手を離してしまうと、すぐ波においていかれてしまうので、最初はロープを持ったまま「たるみ」を維持できるようにしよう。

スピードコントロール


ロープを離して上手く波に乗れたら次は波の中を移動してみよう。加速する時は体重を前足にシフトさせ、減速するときは体重を後ろにシフトさせるだけでOK。スピードコントロールができるようになれば、落水する回数も減り、新しいトリックにもどんどん挑戦できる。

安全な落水


ウェイクサーフィンで落水は避けられない。しかし安全で簡単な落水方法もある。もしライディング中にバランスを崩してしまったら、下手に粘らず自分から落水する方が良い。バランスを崩した状態で粘ってしまうと、予期せぬ体勢やタイミングで落水することが多くなり危険度が増してしまう。また、どんなに上級者でも必ずライフジャケットは着用すること。

失敗しても諦めずに楽しむ


失敗したり、上手くできなくても楽しむことが一番大事。最初から完璧に乗りこなせる人なんていないのだから、楽しみながら自分のペースでトライし続けよう。

 

 

カテゴリー

POPULAR

PAGE TOP