注目の記事 PICK UP!

ウェイクサーフィンがアリゾナ州で人気急上昇中【動画】

ウェイクサーフィンは元来のウォータースポーツとはまったく異なるスポーツであり、現在人気急上昇中の波乗りスポーツです。
波のりにわざわざ遠い海へ出向かなくても、このスポーツならアリゾナ州の湖でも波に乗れることが証明されました。

アンジー・ヴァイアン:
“7年前にウェイクサーフィンを始めた時は、この湖で浮いてる唯一のウェイクサーフボートだったのよ。今ではあちこちにあるけどね”とアンジー・ヴァイアンが答えます。

ウェイクサーフィンは船にずっと引っ張られることなくボートの上で波に乗ります。加えてウェイクボートとは違い、サーファーはボードに縛られることなくボートの上に立っているのです。

マイク・エスコーザー:
“ウェイクサーフィン用のロープに掴まって乗り始めるんだけど、ウォータースキーにとても似ていると思う。ロープの長さはかなり短くなっているけどね。他に似ているスポーツで昔からあるウェイクボードから始めてもいいと思うよ。
ボートは大体11マイル/時で走行していて、実際には無限に出る波の上をロープなしで波に乗っているんだ”
とウェイクサーフィン歴5年のマイク・エスコーザーが答えます。このスポーツはエスコーザーの能力と同様、長年に渡って成長を続けています。

マイク・エスコーザー:
“毎日新しいトリックが出てくるから、毎日新しいトリックを学んでいるんだ。ウェイクサーフィンで一般的によく知られているトリックは360だね。360ができたら本当にかっこいいよ。この素晴らしいトリックは絶対学ぶべきだね”

ヴァイアン:
“船から出来る波でとても高度な技が生み出せるの!行きたいところにその技を一緒に持っていけるよ” とヴァイアンが答えます。

ウェイクサーフィンの競技会自体が競争的になっているとエスコーザーは言います。ウェイクサーフィン協会があって、そこの競技会に参加することはとても大きなことなのです。

エスコーザー:
“競技会はロシア、ブラジル、フランス、日本、韓国などでもイベントが開催されていて本当に世界中に広がっているんだ。競争は激しくなっているかもしれないけど、ウェイクサーフィンはプロだけの為にあるスポーツじゃないさ。最も素晴らしいことは誰もが出来るスポーツってことなんだよ。
子供たちから、自分自身、父親に母親、祖父母まで・・・本当にみんなの為にあるスポーツなんだよ”とエスコーザーが答えました。

ヴァイアン:
“私達は若い子で5歳から、年配の人で65様まで幅広く教えているのよ。私は40歳からウェイクサーフィンを始めて、今ではプロで競っているの。私と競った子達はほとんどが10代の若い女の子達だったわ”とヴァイアンが答えました。

伝えらえるところによれば、ウェイクサーフィンの為に何か特別なボートが作られるみたいですね。

参考
By Danielle Miller「Wakesurfing gaining popularity in Arizona」
fox10phoenix(公開日時:2017年04月17日)
記事:http://www.fox10phoenix.com/news/arizona-news/wakesurfing-gaining-popularity-in-arizona
動画:https://www.youtube.com/watch?v=q1oAYF05cpQ

 

関連記事

  1. 湖畔の所有者との衝突を避ける為、ウェイクサーフィン選手が自己管理を呼びかける

  2. 伝統楽器とウェイクサーフィンを組み合わせた第一人者【動画】

  3. 【大会結果】JWSA年間ポイントランキング2017が確定

  4. 【大会結果】JWSA公認 びわ湖シリーズ2017第4戦 結果速報(12/3)

  5. ウェイクサーフィン・チャンピョンシップ地元に住む15歳が優勝【ニュース】

  6. みんなと同じように歩いて、遊んで、ウェイクサーフィンをする四肢切断者【動画】

  7. 【大会結果】JWSA公認 びわ湖シリーズ2017第4戦 結果速報(12/2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

人気記事

PAGE TOP