【How To】知らないと損をする!ウェットスーツお役立ち講座

なぜウェットスーツが必要なのか?


身体を守る

体温の低下を防ぐ

専用設計ならではの利点

ウェットスーツの種類とシーンに合った選び方


【ワンピース(フルスーツ)】


長袖、長ズボン型で上下が一体となったもの

春から初夏、秋から初冬までと長く使え、ウェイクボード用だけでなく、ジェットスキー用、ヨット用としても幅広く使える。極寒の真冬にはセミドライスーツやドライスーツがお勧め。
ヨット用でないものを、ヨット目的で使用する場合は短パン・サーフショーツ等をはいてお尻を保護してあげると良い。座ることを前提にしていないので、ヨットのデッキ上のクリートやブロック・アイ等で破れることがある。

【シーガル】



半袖、長ズボン型で上下が一体となったもの
春〜秋用として使用頻度が高い。

【長袖スプリング/半袖スプリン】

半ズボン型で上下が一体となったもの (半袖型と長袖型がある)
長袖スプリング→水温は暖かいけれども、風が冷たい時期(秋頃)に使用される事が多い。
半袖スプリング→夏に使用することが多い。
ヨット用、ウェイクボード用としても使用されています。

【タッパー】



上半身のみで長袖、半袖、ノースリーブのものがある。
トランクスと合わせて夏場の使用が多く、保温性、真夏の日焼け対策などにも使える。その他、リーフ(海底が、岩やサンゴ礁など)などの危険からも身を守る効果もある。

ウェットスーツとセミドライスーツとの違い


【ウェットスーツ】
ウォータースポーツで着用される保護スーツのうち、スーツ内部に水が浸入するタイプ(ファスナー部分、首、手首、足首から水が入る)ものをウェットスーツという。(水が浸入しないものはドライスーツ)

【セミドライスーツ】
防水ファスナーが付いたウェットをセミドライといい、生地の裏地に保温性のある特殊素材が施してあり、海水などが入ってこない。少しでも動きやすくするために、背中のファスナー部分がないノーファスナータイプもある。
両者とも首、手首、足首からは水が入るが、セミドライは背中から入らないので保温性が高い。

ウェットスーツのインナー


肌擦れなどを防ぐ為にも水着やインナーパンツの着用がお勧め。
2ピース、ロングジョン着用の場合はラッシュガード・ウェットインナーなどを着用すると、紫外線対策としても効果が上がる。

サイズの選び方


ウェットスーツは身体に密着するウェア。
水中では内部に水が浸入するが、適切なサイズのものを着用していればその量は少量であり、浸入した水がスーツと身体の間に薄い水の層を形成する。水の層は体温ですぐに暖められるため、それにより冷たさを感じるのは短時間。反面、ウェットスーツのサイズが大き過ぎ、身体に密着しない部分がある場合、身体の動きに応じて水が出入りしてしまうため、保温性が大きく損なわれる。本来の機能、保温性等フルに発揮する為には窮屈過ぎず、緩すぎず着るのが理想。
一般的な体型の方はサイズチャートの身長を目安に選ぼう。
全身フィットするように着用したい方は「サイズオーダー」がお勧め。
各メーカーによってサイズ目安が異なるので、メーカーごとのサイズチャートを確認しよう。

使用後のお手入れ&保管


1)洗う
水が大量に入るバケツ等に水又はぬるま湯を入れ、手洗いをする。ウェットスーツ専用のシャンプーや柔軟剤を使用することで生地の保護、柔軟性を保つ事ができる。
※洗濯機使用や、ドライクリーニングは素材を痛める原因になる。

2)乾燥
直射日光を避け、風通しのよい場所で影干しをする。
専用のハンガーを使用することで肩部分の型崩れなどを防ぐ事ができる。

3)保管
日光が当たらない、風通しの良いところで保管。
乾燥時同様、専用ハンガーを使用する事で型崩れを防ぐ事ができる。
畳む場合は上に重いもの等を乗せて長期放置するとしわや型崩れの原因になる。

参考・参照サイト
「知らないと損をする!ウェットスーツお役立ち講座」
neonet-marine(公開日時:2014年06月09日)
サイト:https://eu.billabong.com
記事:https://www.neonet-marine.com/oyakudati/wet-ykdt.html

 

 

 

 

カテゴリー

POPULAR

PAGE TOP