【動画】タフに撮る タフを撮る

カシオ計算機が今秋発売したCOOL STREET GEAR“ G’z EYE(ジーズアイ)”は過酷な環境下で行われるエクストリームスポーツの撮影にぴったりだ。
サーフィン、スキー・スノーボード、スケートボード、ダンスなど、過酷な雪山や海から、時に危険を伴うストリートまで、あらゆるフィールドで極限に挑むすべての人のためのタフなカメラ。


(動画:Youtube CASIO Super wide-angle)

極限を制する強さの特長
ストリートやエクストリームの世界で求められる「強さ」を徹底追求。
G-SHOCKにインスパイアされた強化構造を独自開発し、過酷な環境、極限の状況、ハードな動きに対応。いつでも、どこでも、どんなシーンでも、壊れることを気にせず思い切り使えるプロダクト。

[耐衝撃 落下4m※1] 衝撃・振動に強い
高所からの着地や激しい衝突・転倒を伴うシーンでの使用を想定し、落下や衝撃に耐える耐衝撃性能を実現。

G’z EYE(ジーズアイ)

[防水 水深50m※2] 激しい波に耐える
突然の雨でも、水の中でも気にせず使える。激しい波の衝撃を受けても浸水しない、独自の高気密構造を採用。サーフライドの勇姿もしっかり記録。

COOL STREET GEAR “G’z EYE(ジーズアイ)

[防塵 IP6X※3] 汚れを気にしない
独自の防塵構造で、砂・塵をシャットアウト。ハードな環境での使用に応え、汚れたら水洗いも可能。

“G’z EYE(ジーズアイ)

[耐低温 -10℃※4] 寒さに負けない
-10℃の低温環境での動作に対応。ゲレンデやバックカントリーなどでの使用が可能。

“G’z EYE(ジーズアイ)

※1耐衝撃性能:MIL-Standard 810G Method 516.7-Shockを参考に策定した当社独自規格において、4.0mの高さから合板(ラワン材)に製品を落下させる試験をクリア。
※2防水性能:JIS/IEC防水保護等級8級(IPX8)相当。水深50mで30分間の連続使用ができるほか、あらゆる方向からの水の直接噴流にも耐えられます。
JIS F 0812:2006の8.8項「注水試験(暴露形装置)」をクリア。10気圧相当の噴流試験(当社独自規格)をクリア。
※3防塵性能:JIS/IEC防塵保護等級6級(IP6X)相当。
※4使用可能温度範囲:-10℃~40℃。ただし、電池温度が0℃未満の場合、無線LAN接続による各動作はできません。一般に温度が下がると電池の性能が一時的に低下するため、撮影可能時間/枚数は少なくなります。予備電池は冷えないようにしてお使いください。
※本製品の耐衝撃性能、防水防塵性能は、当社試験によるもので、無破損、無故障、性能を保証するものではありません。落下後の防水は保証いたしません。
その他、190.8°(静止画)/170.4°(動画)の画角で撮影できる超広角レンズにより、広々とした背景で臨場感のある写真が撮影できたり、決め技の瞬間など、動画 の一部だけをスローモーションで撮影する「ドラマチックスロー機能」を備え、エクストリームスポーツの劇的な瞬間をドラマチックに演出もできる優れもの。 これから様々なエクストリームスポーツの撮影で活躍すること間違いなしのタフカメラだ。


(動画:Youtube Casio Japan)

参考
サイト:https://casio.jp
動画:https://www.youtube.com/watch?time_continue=5&v=q-HxnqHkt60

カテゴリー

POPULAR

PAGE TOP