【大会結果】JWSA公認/CWSA公認 センチュリオンウェイクサーフジャパンオープン2018

2018年2018年8月19日(日)、滋賀県大津市のマリーナリゾート「ロータリーピア88」にて「JWSA公認/CWSA公認 センチュリオン ウェイクサーフ ジャパンオープン2018」が開催された。
(CENTURION WAKESURF JAPAN OPEN 2018)


海外のリゾートを彷彿させるようなマリーナリゾート「ロータリーピア88」。関西近郊の方はぜひ一度訪れてみてほしい。都会の喧騒とは無縁のストレスフリーな空間だ。


天気に恵まれ、快晴の中での大会スタート!風もなく最高のコンディション。


大会艇は日本でも知名度の高い“CENTURION BOATS”。
ウェイクサーフィン専用ボートとして、世界最大級の波を作り出し、ワールドチャンピオンシップでの公式競技艇としても選ばれている。
最高の波と乗り心地を可能にした船体デザインや、革新的なシェーピングテクノロジー、独自のバラストコントロールシステム、世界最高のウェーブコントロールシステムなど、他にない最新テクノロジーが満載だ。


大会MCを務めたのは、もはやおなじみのNAOYAH!!さんと水田真依子さん。今回も息のあったトークで会場を盛り上げていた。自身もウェイクサーファーとして大会に参戦している水田さんは、親交のある選手も多く選手ごとのいろいろな情報も紹介してくれ、とても充実した解説だった。


グッドコンディンションの中、選手たちは最高の波で、最高のパフォーマンスを披露!午後から多少風は出たものの、競技に大きな影響はなく、非常にスムーズに最後の選手の競技まで終えることができた。



競技終了後は恒例のBBQパーティ。ロータリーピア88のBBQは本当に美味しい!


心に残る、オリジナルのトロフィー。


みんなの笑顔が大会の充実度を物語っている。

それでは気になるクラス別の大会結果をお届けしよう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■アマチュア・ウーメン・サーフ

第1位  Maki Yamamoto
第2位  Satomi Kaneda
第3位  Minori Neya

■アマチュア・メン・サーフ

1位 Oh Jaeyoung
2位 Yukio Watanabe
3位 Masaki Inoue

■マスター・メン・サーフ

1位 Hiroki Asai
2位 Masanori Tomida
3位  Kouji Kuramoto

■アウトロー・ウーメン・サーフ

1位 Etsuko Hashimoto
2位 Sun Hwa Kim
3位 Maiko Mizuta

■アウトロー・メン・サーフ

1位 Shunsuke Habara
2位 Ryugo Fukushima
3位 Keisuke Hoshimoto

■ビギナー・ウーメン・サーフ

1位 Yuka Kagawa
2位 Yukina Ota
3位 Ai Hayase

■ビギナー・メン・サーフ

1位 Hisashi Ichinohe
2位 Naoki Kigawa
3位 Masaki Kano

■オープン・ウーメン・スキム

1位 Maiko Mizuta
2位 Takae Kitaya
3位 Yumie Yamagata

オープン・ウーメン・サーフ

1位 Kikuyo Suzuki
2位 Yasuyo Sakata

オープン・メン・サーフ

1位 Yoshikazu Otuka
2位 Yuuma Yamauchi
3位 Yoshihiro Saki

<参考・参照サイト>
一般社団法人日本ウェイクサーフィン協会(JWSA)
センチュリオンボートジャパン

<主催・開催地>
マリーナリゾート「ロータリーピア88」

カテゴリー

POPULAR

PAGE TOP