【How To】ウェイクサーフィンが上手くなる方法!本気で上達したい人へ送るバランスボードの効果!

バランスボードとウェイクサーフィン

ウェイクサーフィンの自宅でのトレーニングなら迷うことなく、バランスボード!筋力があっても、バランス感覚が無ければ簡単に転倒してしまう。バランスボードはただ乗っているだけでも、自然に楽しみながら安定した立ち方を養うことができる。

|バランスボードの効果


筋力・体幹が強くなる
体が左へ倒れそうなら逆の右へ、右に倒れそうなら左に、体幹筋によって体幹を動かし、バランスを取る。また、体が前に傾けば重心を後ろに反らしてバランスを回復する。こうしたバランスを取る動きで、体の重心(骨盤付近)の体幹が鍛えられる。またバランスを保つためには、頸部筋(首の後ろ)、脊柱起立筋(脊柱の背側)、下肢の筋肉が重要な役割を果たすので筋力もアップする。

関節の運動能力の向上
膝関節を真っすぐ伸ばしたままバランスボードに乗っても、重心移動ができないので、バランスは維持できない。バランストレーニングによって、関節の可動域が広がり、膝関節、股関節、足関節が柔軟に動くようになる。また、ケガの予防や軽減といった効果も期待できる。特に足首の捻挫後のリハビリと、予防に効果。

支持基底面の安定
足裏は体重を支えると同時に「センサーの役割」も果たしている。例えば、体の傾きや揺れなどは足裏から脳が感じ取り修正している。このように、足裏を鍛えておくことで安定した姿勢の制御ができる。
 
集中力を高める
集中力といった、目に見えないものも鍛えることができる。
集中力を鍛えるということはウェイクサーフィンだけではなく、仕事・勉強などすべての面において役に立つ。いつでも高いパフォーマンスを発揮し続けるためにも、集中力を自分自身でコントロール出来るようになろう。

トレーニング初心者には、硬い素材のものがおすすめ。トレーニング上級者は、柔らかい素材のものが良い。形状、大きさ、素材を考慮し、自分に合ったものを購入しよう!

<参考・参照サイト>
画像:Unsplash

WAKESURF MAGAZINEプレゼントキャンペーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ランジ

    【How To】下半身の引き締めにも効果的!エクササイズ「ランジ」の正しいやり方!

  2. ボードの保管方法

    【How to】ボードの正しい保管方法!長く使うコツとは?

  3. 体幹トレーニング

    【How to】一日たった30秒の体幹トレーニングで引き締まった腹筋と、バランス感覚を手に入れよう!…

  4. 【How to】人生観が変わる!?3分で分かるウェイクサーフィンの魅力!

  5. 【How To】トーイングボートについての注意事項!

  6. へっぴり腰

    【How to】へっぴり腰の改善で初心者脱出!正しい波乗りスタイル!

  7. 【How To】知らないと損をする!ウェットスーツお役立ち講座

  8. ゾーンに入る方法

    【How to】制限から解放!超集中状態「ゾーン」に入る方法!

  9. ウェイクサーフィン

    大人の水遊び!話題のウェイクサーフィンに挑戦してみない?

PAGE TOP