【How to】1日たったの10回!足の上げ下げでお腹の引き締めで「テレワーク太り」を解消!

レッグレイズ

テレワークや週末の外出自粛でそろそろ体に変化が出てきている頃なのでは?

テレワークは家が仕事場だから、日々の通勤時間は0分。パソコンの前に座っている時間の方が長くなるため、筋力や体力の低下は免れない。それに疲れたときには甘いものが欲しくなりがちで、ついついお菓子に手を伸ばしてしまう。体を動かす機会が減る一方、間食の量は増えてしまう「テレワーク太り」。外出自粛が求められる中で本格化するテレワークだが、こんな健康問題が浮上している。こうした昨今の情勢を受けて、ネット上では室内エクササイズの参考となる動画の人気が高まっている。

そこで今回は、自宅にいながら誰でも簡単に行うことができるエクササイズのひとつである「レッグレイズ」をご紹介したい。レッグレイズによって腹筋とインナーマッスルが鍛えられるので内臓の位置が整って下腹のぽっこりを解消する効果が期待できる。ウェイクサーフィンで転倒しやすいのはこれらのインナーマッスル、つまり体幹が弱いというケースでもある。また、骨盤のゆがみや姿勢が改善されることで、代謝や見た目が良くなる効果も期待できる。ぽっこりお腹を解消すると同時に、ウェイクサーフィンでも最高のパフォーマンスを発揮できるようになろう。

レッグレイズとは?


レッグレイズとは上体を固定して脚を上げ下げして腹筋を鍛えるエクササイズである。腹筋群の中でも腹直筋(ふくちょくきん)を刺激し、おもに腹直筋下部を意識しやすい種目。(へそからしたの下腹部を引き締める効果がある。)※脚は重りであり、脚を支えるために腹筋を使っているというイメージで取り組むとよい。

レッグレイズ

Photo:shutterstock

レッグレイズのやり方


(1) 仰向けの状態になり、脚を真っ直ぐに伸ばし、手は体の横に置く。
(2) 足をそろえたまま、ゆっくりと両脚を床から浮かせる。
(3) 両足を床と垂直になるくらいまで浮かせたら、ゆっくりと下ろしていく。
(4) 足を床に着くギリギリのところまで下ろしたら、②からの運動を繰り返し行う。
※余裕がある方は10回3セットを目安に行おう。


Movie:Youtube/グリコ パワープロダクション 公式

ポイント!


動作中は常に腹筋に力を入れておこう。よくありがちな間違いが、動作中に腹筋への力を抜いてしまい、腰が反った状態になること。これは、脚を上げることだけを意識している場合によく起こる。また動作中に膝が曲がってしまうことがあるが、負荷を高めるのであれば、しっかり膝を伸ばしておくことを意識しよう。負荷が低いと感じている人は、脚を下ろすとき、お尻を床につけないよう意識してみて欲しい。それだけで大きく強度が高まる。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【How To】ウェイクサーフィンを楽しもう!初心者の為の10のヒント

  2. へっぴり腰

    【How to】へっぴり腰の改善で初心者脱出!正しい波乗りスタイル!

  3. 【How To】自分に合うボードを見つけるための基礎知識

  4. Reverse plank

    【How to】たった30秒!?体幹トレーニングの王者「プランク」で若々しい体づくりを!

  5. 【How to】ウェイクサーフィンとは?

  6. バランスボードとウェイクサーフィン

    【How To】ウェイクサーフィンが上手くなる方法!本気で上達したい人へ送るバランスボードの効果!

  7. ウェイクサーフィン

    大人の水遊び!話題のウェイクサーフィンに挑戦してみない?

  8. how to

    【How to】 いま話題のウェイクサーフィンとは!?どうやって波に乗るの?初心者入門編!

  9. 【How To】知らないと損をする!ウェットスーツお役立ち講座

PAGE TOP