【How to】ウェイクサーフィンとは?

ウェイクサーフィンとは

元々「SKURFING」と呼ばれていたウェイクサーフィンは、スノーボードが生まれた後の1970年代後半に初めて登場し、トーイング専用ボートの曳き波を利用してサーフィンをする新しいマリンスポーツだ。

スタート時以外はトーイングロープを使わず、足も固定されていない。ウェイクサーフィン専用ボードは通常のサーフボートよりもやや小さく、操作性に優れているのが特徴。
ウェイクサーフィンの最大の魅力は、海でのサーフィンと異なり、ボートが走り続ける限り波に乗り続けることができることだろう。
アメリカでは年齢を問わず誰でも安全で簡単に楽しめることから、ファミリーレジャーの定番にもなっている。
(ウェイクサーフィンに関する記事はこちらから)

ウェイクサーフィンの安全性

 一般的に15~18km/hの速度でボートを走らせるので、ウェイクボードに比べるとスピードが遅く、怪我のリスクも少ない。
大きな波に巻かれたり、岩や海底にぶつかる危険もないので、サーフィンに慣れていない人や子供でも安全に楽しむことが出来る。
また、最低でも
プレイヤー+操舵者の2人以上での実施になるので、万が一アクシデントが起こった場合でも、救助の遅れなどといった危険性を回避することが出来る。

動画:https://www.youtube.com/watch?v=6tT2PIVk2qs

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【How To】知らないと損をする!ウェットスーツお役立ち講座

  2. 内場ダムでウェイクサーフィン

    気軽にウェイクサーフィンに挑戦してみよう!〜四国エリア・内場ダム〜

  3. 【プレゼント】BILLABONG のライフベストが当たる!

  4. 【動画】AYANOウェイクサーフィンに挑戦!PART3 <全4回配信予定>

  5. SURFER’S Diane × WAKESURF MAGAZINE

  6. ウェイクサーフィンと防寒アイテム

    【How To】これで真冬のウェイクサーフィンも快適!防寒アイテムおすすめ5選!!

  7. ジャパンインターナショナルボートショー2018 展示会レポート

  8. 淀川でウェイクサーフィン

    気軽にウェイクサーフィンに挑戦してみよう!〜近畿エリア・淀川〜

  9. なぜ、ウェイクサーフィンが世界中で愛されているのか

カテゴリー

POPULAR

  1. 香港でウェイクサーフィン
  2. 荒川でウェイクサーフィン
  3. Mai Tano Fitオンラインサロン
  4. 石川 敦士ウェイクサーフィン
  5. 猪苗代湖でウェイクサーフィン
  6. 浜名湖でウェイクサーフィン
  7. 江戸川でウェイクサーフィン
  8. テーブルを使ったウェイクサーフィン
  9. 相模川でウェイクサーフィン
  10. 相良川でウェイクサーフィン
PAGE TOP