【How to】シミが出来て後悔する前に!美白&美肌を作る3つのポイント!

スキンケア

シミがあると13歳老けて見えることをご存知だろうか。シミは表面上のものではなく、肌の奥深くにまで及んでいる肌トラブル。

スキンケア
ほんとはウェイクサーフィンをしたいのに、紫外線が嫌で諦める女性だって多いはず。
ウェイクサーフィンは直射日光と湖の照り返しの両方向から紫外線を受けるため、肌への負担が大きいのも事実だ。日焼け止めを塗るのは基本で、効率の良い方法だが今回はシミの予防とすでに出来てしまったシミへの対策をご紹介しよう。

スキンケア

3つのポイント


1.マリンスポーツ用の日焼け止めで紫外線を防ぐ。
水に強く落ちにくいという条件がマストな方は、世界中のサーファーたちが愛用する有名な日焼け止め「Vertra(バートラ)」をチェックしてみよう。その優れた効果は皮膚癌財団も認めているとのこと。老化の原因から肌を保護し、防水効果が強い「最強の日焼け止め」と言えるだろう。女性や子供、お肌の弱い方にもおすすめ!

2.メラニン抑制効果のある化粧品を使う。
α-アルブチン配合の化粧品には、シミ・ソバカス・日焼けの原因となるメラニンが作られる前に抑える作用がある(ハイドロキノンにブドウ糖を結合させたもので、β-アルブチンの10倍以上のメラニン抑制効果があるといわれている)。メラニンが作られる前に効果がある成分なので、残念ながらすでに出来てしまったシミには効果は期待できないだろう。

スキンケア

3.出来てしまったメラニンを早く肌から追い出せる効果のある化粧品を取り入れる。
すでに出来てしまったシミには濃度の高いビタミンCを肌内部にいれてあげることが大事。ビタミンC誘導体にはメラニンの生成を抑制し、出来てしまったメラニンの排泄を促し、淡色化するので濃度によっては皮膚の表面にあるシミを薄くする効果がある。

スキンケア
シミへの効果を高めるためには、α-アルブチンとビタミンC誘導体を一緒に使用するとシミの予防と解消の両方に効果が期待できる。白くてきめ細かいな肌でいるためには、シミを寄せ付けない、シミを作らせない、シミを追い出す基礎化粧品が大切である。

<参考・参照サイト>
画像:Unsplash

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ウェイクサーフィン

    大人の水遊び!話題のウェイクサーフィンに挑戦してみない?

  2. 後ろ姿美人

    【How to】たった2秒で後ろ姿美人に!?自宅で簡単に万能トレーニング!

  3. へっぴり腰

    【How to】へっぴり腰の改善で初心者脱出!正しい波乗りスタイル!

  4. 【How to】ウェイクサーフィンとは?

  5. ゾーンに入る方法

    【How to】制限から解放!超集中状態「ゾーン」に入る方法!

  6. ウェイクサーフィンと防寒アイテム

    【How To】これで真冬のウェイクサーフィンも快適!防寒アイテムおすすめ5選!!

  7. 【How To】自分に合うボードを見つけるための基礎知識

  8. 【How To】トーイングボートについての注意事項!

  9. Connor Burns

    【How To】絶対マスターしたいトリック10選!

PAGE TOP