【動画】AYANOウェイクサーフィンに挑戦!PART2 <全4回配信予定>

エスニックな顔立ち、引き締まった健康的な美ボディと女性らしいヒップラインを持つAYANOちゃん。
お友達の超人女子「まいティ」と今回2度目になるウェイクサーフィンチャレンジが、YoutubeのX-CUBE channleにて公開された。
(体験動画は全4回配信予定)


麻酔医でありながら、フィットネスモデルとしても活躍しており、そのギャップにグッとくる。


サーフィンの経験があるAYANOちゃん、初めてのウェイクサーフィンチャレンジでは(前回の記事はこちらから)転んでもめげずに挑戦し続け、ひたむきな彼女を応援したくなった。


「前回の動画を確認したらへっぴり腰だったので、今回はもうちょっとバランスよくやっていきたい」とコメント。
(へっぴり腰とは上体をかがめて、お尻を後ろにつき出した不安定な姿勢のことをいう)
自分のライディング映像を見ることは、ウェイクサーフィン上達の最良の手段だ。


2度目の挑戦スタート!


腕はまっすぐ、膝は曲げ、ボートに引き寄せられるようにゆっくりと立つ。


そのままスクワットの姿勢をキープ。


立った後に直ぐに転倒してしまうのは、ボードが前後か左右にグラグラしているため。
前に倒れる場合は前に重心がかかっており、後ろに倒れる場合は後ろに重心がかかっているから。


ボードが左右にグラつく場合は、ボードの中心に乗っていないのが原因。


両足に体重を均等にかけるようにする。


ボード上でバランスを保ち、ロープの「たるみ」を維持できるようになったらロープを離す。


ロープを離したあと、波のパワーゾーンをキープできたら夢のエンドレスサーフィンのスタート!


目線は波が立ち始めるあたりに置くと安定する。
気持ち良さが伝わってくる、とっておきの一枚。


その満面の笑顔が「最高」と語っている。


2回目のウェイクサーフィンを振り返り、「今回は力の抜き方がちょっとわかった気がします。3回目はもうちょっと長く立ちたいです」とコメント。


パワー全開で、非常に高いポテンシャルを感じさせるAYANOちゃん。
3回目もぜひお楽しみに。

Photo:Yoshifumi Shimizu

<参照・参考サイト>
X-CUBE Chnannel
X-CUBE WAKESURF ACADEMY


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【動画】美しすぎる映像と、オースティンの圧倒的なカリスマ性!

  2. 【動画】陸から水へ オースティン・キーンの斬新なアイディア

  3. 【動画】次世代のトップアイコン「ケリア・モニーツ」×「マスタークラフト」

  4. WAKESURF MAGAZINEが一般社団法人「日本ウェイクサーフィン協会(JWSA)」の賛助会員…

  5. 低体温症

    熱中症より危ないのは冬の「低体温症」!?冬の寒さには要注意!!

  6. 絶景

    【国内】季節限定「冬の絶景」5選!一生に一度は見たい自然の芸術!

  7. 【動画】やめろと言ったのに・・・ウェイクサーフィンを1人でやった結果が悲しすぎた。

  8. INTERSTYLE 2020 展示会レポート

  9. 【動画】レゲエ×LEDライト×ウェイクサーフィン

RANKING

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP