【PLAYER】橋本 恵都子(Etsuko Hashimoto )2018年JWSA年間ランキング アウトロー・ウーメン・ サーフ第1位!

選手紹介

輝いている人の共通点は、好きなことしていることだ。

選手紹介

異国の大会で言葉が通じなくても、ウェイクサーフィンを通じて心で繋ることができる。彼女の世界で戦う勇気と、向上心の高さ、前向きな姿勢、抜群のキレと安定感のある滑りはどれをとっても一流と言えるだろう。しかしそれ以上に、勝ち負けよりもウェイクサーフィンをいかに楽しんでいるかが、彼女の絶対的な強みだ。磨きがかかる一方の彼女の今後の活躍にさらに期待したい。

橋本 恵都子(Hashimoto Etsuko)


生年月日:1988年1月16日


ーーこれまでの大会成績を教えてください。

■年間ランキング
・2018年度JWSA Outlaw Women Surf 1位

■大会表彰
(2017年度)
・琵琶湖大会 優勝 シリーズチャンピオン
(2018年度)
・アリゾナ大会3位
・琵琶湖大会 優勝 シリーズチャンピオン
・アジア大会 優勝
・アジアチャンピオン
・世界大会4位


ーーウェイクサーフィンを始めたきっかけは何ですか?

Etsuko:ウェイクサーフィンを始めたきっかけは、主人がボートを持ってて毎日琵琶湖に行ってたから。京都から滋賀県に引っ越してきて、暇だから私も琵琶湖に行ってみたの(笑)‬

ーー思い出に残っている大会は何ですか?

Etsuko:思い出に残ってる大会は、やっぱりアリゾナでの大会かな!初の海外戦って事もあるけど、あのアリゾナでの経験が今の私をつくったの。勝ち負け以前に凄く悔しい思いもしたけど、あの経験があったからこその世界大会だったんじゃないかな。世界大会もやっぱり強く印象に残ってる。それまでの過程が凄くキツかったから!世界をずっとみてきたから、感極まるものがあった。アリゾナと世界大会は普段緊張しない私でも凄く緊張したのを覚えてます。凄くいい経験だったし、それを得て今は凄くウェイクサーフィンを楽しめてる。もう勝ち負けの次元にいない、本当にウェイクサーフィンを楽しんでる。

選手紹介

ーー得意なトリックを教えてください。

Etsuko:テールスライド・180・フェイキー。でも私以外でやってる人をみた事がない。
リッピングや深いボトムターンも好き=得意になるのかな? AIRも特にBIG AIRね。最近はAIR180も。全部好き(笑)

選手紹介

ーー良く練習をしているマリーナは何処ですか?

Etsuko:大橋マリーナ

ーーウェイクサーフィンの好きなところは何ですか?

Etsuko:気持ちいいところ(笑) 言語が通じなくても、ウェイクサーフィンをツールとして人と繋がれた。もっとウェイクサーフィンに魅力を感じた!早くみんなに会いたい!

選手紹介

ーー今後の目標を教えてください。

Etsuko:目標はないかな!何より私自身がウェイクサーフィンを楽しむ事かな!それが全てにイコールすると思ってるから(笑) 自分が楽しんだり、面白がったりしている事はしっかり周りに伝わっていくから!

<参考・参照サイト>
Instagram:e.tsu.ko_olo
Youtube:OlO SURF

WAKESURF MAGAZINEプレゼントキャンペーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. jakecaster

    【PLAYER】2017年メンズプロスキム部門ワールドチャンピオン「Jake Caster」(ジェイ…

  2. Drew Drennan

    【PLAYER】Drew Drennan(ドリュー・ドレナン) スキムとサーフを乗りこなすプロウェイ…

  3. コナーバーンズ紹介

    【PLAYER】Connor Burns(コナー・バーンズ)2018年プロフェショナル・メン・サーフ…

  4. keegan-hodgson

    【PLAYER】カナダの内陸部アルバータ州の農家の少年がWorld Wake Surfing Cha…

  5. プレイヤー

    【PLAYER】Madi Horta(マディ・オルタ)2018年プロフェショナル・ウーメン・サーフワ…

  6. 選手紹介

    【PLAYER】Ryan Deese(ライアン・ディーズ)限界は超えずに押し上げるもの。

  7. 選手紹介

    【PLAYER】Sean Silveira(ショーン・シルベイラ)2018年プロフェショナル・メン・…

  8. 選手紹介

    【PLAYER】山田 欣也(Yoshinari Yamada)日本にウェイクサーフィンを広めた第一人…

  9. 【PLAYER】アシュリー・キッド RIDER of the YEAR受賞インタビュー

PAGE TOP