【PLAYER】6度のワールドチャンピオンに輝いたKeenan Flegel(キーナン・フレーゲル)

選手紹介

ここ数年のキーナン・フレーゲルの活躍ぶりは、史上最高のサーファーと称されるケリー・スレーターを彷彿させる。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Stoked about @pacorabanneparfums and our great weekend in Miami 😎 #ad #invictusaqua #whostheboss

Keenan Flegelさん(@keenanflegel)がシェアした投稿 –

Photo:Instagram/keenanflegel

Keenan Flegel(キーナン・フレーゲル)はフロリダ州出身の23歳。水辺で育ち、5歳のときに初めてウェイクボードに挑戦、10歳の時にウェイクサーフィンと出会い、それから13年間このスポーツに夢中だ。ウェイクサーフィンを初めて経験したとき、最高に自分に合っているスポーツだと感じたそうだ。彼がウェイクサーフィンを始めた最初の1、2年は大会すら存在していなかったが、競技人口の増加と共に大会も増えはじめ、ウェイクサーフィンシーンは急激に発展していった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sundays are lake days @centurionboats 📷🚁 @shaynejohns

Keenan Flegelさん(@keenanflegel)がシェアした投稿 –

Photo:Instagram/keenanflegel

競技の急成長と共にキーナンの未来も大きく変わったそうだ。大会が増えたことで世界を広く旅するようになり、親しい友人のほとんどはウェイクサーフィンを通じて知り合った。最近ではボードの設計にも夢中になっている。彼のインタビューからは非常に高いポテンシャルと、ウェイクサーフィンに対する情熱が伝わってくる。とにかく「新しいものを受け入れる」ということに対する寛容さがすばらしく、見習うべきところだ。

Photo:Instagram/keenanflegel

Keenan Flegel(キーナン・フレーゲル)


 ーー普段のトレーニングの中で成功の鍵になることはなんですか?
キーナン:僕は常に新しいものを吸収して、新鮮さを保つことが好きなんだ。だからトレーニングも慣れ親しんだ動きを繰り返すのんじゃなくて、まったく新しい動きを学ぼうとするときが一番楽しいし、最高の状態で波に乗れるんだ。コーチには100回以上「不快が快適になるまで動きを繰り返せ」って言われてるけどね。あとは色んな選手と一緒にボートに乗るようにしてるよ。そのほうがもっと頑張れるんだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shake and Bake! @centurionboats

Keenan Flegelさん(@keenanflegel)がシェアした投稿 –

Photo:Instagram/keenanflegel

ーーあなたはサーフとスキムの両方のスタイルで大会に出場しますが、それはなぜですか?どちらをより好みますか?
キーナン:どっちも違う理由で同じように楽しんでいるよ。 僕個人の意見だけどサーフスタイルはよりパワーとスタイルが重視されて、スキムはより技術的で創造性の余地がある気がするんだ。だからその日の気分次第でどっちに乗るかを決めてるんだ。

ーーあなたの最大の課題は何ですか?また、どうやってその課題を成し遂げますか?
キーナン:ウェイクサーフィンを初めてからの最大の課題は、勝負時のメンタルの強さかな。大きな大会の時は常に不安だから、アスリートの精神力に関する本を何冊か読んだりして、ストレスの原因を取り除くようにしているよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

So fired up to win the last event of the year! Such a fun weekend in Texas 🌵

Keenan Flegelさん(@keenanflegel)がシェアした投稿 –

Photo:Instagram/keenanflegel

ーーモチベーションを保ちながら成長するには、どこからインスピレーションを引き出しますか?

キーナン:不必要に同じ動作を繰り返すことはなるべく避けて、常に新しいことに取り組んでいるよ。進歩を続けるために僕がたどり着いた方法は、サーフィンとスキムの両方のボードに乗ったり、スイッチスタンスやバックサイドでも乗ったりすることかな。

ーー兄弟同士で競い合うのは助けになりますか?それとも妨げになりますか?
キーナン:両方だね。時々混乱させられるけど、1日の終わりにはお互い幸せだって思えるよ。どんな大会より、何よりも、二人を追い込んでくれる方法だね。あと、同じ水準でトレーニングできるのもいいよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Straight up gangsters @todddawg @noahflegel

Keenan Flegelさん(@keenanflegel)がシェアした投稿 –

Photo:Instagram/keenanflegel

ーー読者に向けて最高のアドバイスを一言ください。

キーナン:膝を曲げて!(笑)


Movie:Vimeo/Swng Productions


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. プレイヤー

    【PLAYER】Madi Horta(マディ・オルタ)2018年プロフェショナル・ウーメン・サーフワ…

  2. 選手紹介

    【PLAYER】山田 欣也(Yoshinari Yamada)日本にウェイクサーフィンを広めた第一人…

  3. Hudson

    【PLAYER】Hudsonファミリーの絆!父、母、そして息子のウェイクサーフィンに対する想い。

  4. player

    【PLAYER】己の限界を知らずして、頂点は得られぬ!Jodi Grassman(ジョディ・グラスマ…

  5. 選手紹介

    【PLAYER】中山 健太(Kenta Nakayama)2018年JWSA年間ランキング アウトロ…

  6. 選手紹介

    【PLAYER】Austin Keen(オースティン・キーン)波乗りの天才!

  7. 選手紹介

    【PLAYER】Sean Silveira(ショーン・シルベイラ)2018年プロフェショナル・メン・…

  8. Brynlee Hall

    【PLAYER】Brynlee Hall(ブライニー・ホール)天才4歳児!次世のウェイクサーフィンス…

  9. コナーバーンズ紹介

    【PLAYER】Connor Burns(コナー・バーンズ)2018年プロフェショナル・メン・サーフ…

PAGE TOP