各地で猛暑!熱中対策は大丈夫!?

熱中症

令和の8月は猛暑でスタートを迎えた。

熱中症
Photo:pexels
とくに梅雨明けの時期は体が暑さになれていないため、昼間は少し外を出歩くだけでも危険なレベルだ。熱中症は暑い環境でスポーツや労働をしているときだけでなく、日常生活中でもスポーツ中の熱中症発生数を上回るほど起こっている。ムシムシする、日差しがきつい、風がないなど体内の熱を体外にうまく放出できず体を冷やせない状況にあるときは、どんな時、どんな場所でも注意が必要だ。

熱中症
Photo:pexels
体がだるくなって思うように動かない、筋肉がけいれんする、頭痛、めまい、動悸がするなど、自分にとって普通でない症状が出てきたら、危険な状態。日頃からこまめな水分補給に加えて、保冷材、帽子、うちわなどを活用してしっかり熱中症対策を行ってもらいたい。

熱中症
Photo:pexels

熱中症の症状と対処法


重症度Ⅰ度 めまい・立ちくらみ・こむら返り・大量の汗
<対処法>涼しい場所へ移動・安静・水分補給

重症度Ⅱ度 頭痛・吐き気・体がだるい・体に力が入らない・集中力や判断力の低下
<対処法>涼しい場所へ移動・体を冷やす・安静・十分な水分と塩分を補給。症状が改善されれば受診の必要なし。水分を自力で摂取できない場合や症状に改善が見られない場合は受診が必要。

重症度Ⅲ度 意識障害・けいれん・運動障害
<対処法>涼しい場所へ移動・安静・体が熱ければ冷やす。症状が改善されなければ、ためらうことなく救急車を要請。

熱中症
Photo:pexels

熱中症セルフケア


(1) 涼しい環境と冷却がポイント
外出先などで体調に異常を感じたら、風通しのよい日陰や、クーラーが効いている室内へ。きついベルトやネクタイはゆるめ風通しを良くし、体からの熱の放散を助ける。皮膚に水をかけ、うちわや扇風機などであおぎ、体を冷やすのも方法の一つ。いかに早く体温を下げることができるかが悪化させないポイント。

熱中症
Photo:pexels
(2) 水だけでなく塩分も補給
一度に大量の水を摂取すると、かえって体内の電解質のバランスが崩れ体調不良を引き起こすことも。水分補給をする時には、あわせて塩分の補給も行う。水分と塩分を同時に補給できるスポーツドリンクや経口補水液、また水や麦茶には、塩や梅干しなどを足して塩分も補給しよう。緑茶やウーロン茶に含まれるカフェインは利尿作用があるため要注意。

熱中症
Photo:pexels
(3) ミネラル入りむぎ茶で血液さらさら
熱中症対策に「ミネラル入り麦茶」が効果的という研究結果が。従来から言われている体温降下効果だけでなく、血液をサラサラにする効果も報告されている。医薬品ではなく一般食品のため効果は緩やかだが、刺激物であるカフェインも含まないため、誰でも安心して飲める夏にピッタリの飲料だ。

熱中症
Photo:pexels


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 江戸川でウェイクサーフィン

    気軽にウェイクサーフィンに挑戦してみよう!〜関東&甲信越エリア・江戸川〜

  2. 【大会結果】JWSA公認 ウェイクサーフィン全国大会 X-CUBE CUP 第2戦

  3. vertra アイキャッチイメージ

    【プレゼント】vertraの日焼け止めが当たるキャンペーン開催!

  4. 足がつる

    「足がつりやすい」人は要注意!原因と対策!

  5. 紫外線対策

    厳選UVケア!夏からじゃ遅い!紫外線対策は5月からがポイント。

  6. 【プレゼント】BILLABONG のライフベストが当たる!

  7. INTERSTYLE

    最新のトレンドが満載のINTERSTYLE 2019

  8. ボートショー

    ジャパンインターナショナルボートショー2018 展示会レポート

  9. 便利グッズ

    必見!サーファー&ウェイクサーファーが愛用するアイテム5選♡日常使いにも便利!

PAGE TOP