寒い冬でもポカポカ♡防寒グッズで超快適にウェイクサーフィン!

ウェイクサーフィン

冬のウェイクサーフィンって正直なところどうなのだろうか?

ウェイクサーフィン

Photo:Unsplash

寒いし、冷たいし、冷える。それにこの季節、一緒に行ってくれる人も少ないかもしれない。ウエットスーツの進化や様々な便利アイテムの登場により、ひと昔前に比べると「真冬の厳しさ」は格段に軽減された冬のウェイクサーフィン。しかしひとたび川や湖から上がってウェットスーツを脱ぐと、やはり冬の寒さを痛感する。また体の「冷え」も深刻な問題だ。体が冷えると思うように動かしにくくなるうえ、ケガなどのリスクも高まる。

ウェイクサーフィン

Photo:Unsplash

しかし冬にいかに濃い練習をし続けるかが、上達への近道であり、ライバルと差をつける方法だ。費用や荷物は少々かさむが、数ある防寒グッズをうまく使って体を冷えから守ることが、冬のウェイクサーフィンを楽しむポイントになる。そこで今回は、冬でも体がポカポカにウェイクサーフィンが出来るグッズをご紹介しよう。

ウェイクサーフィン

Photo:Unsplash

ホットジェル


肌に直接塗りこむことで発熱し、身体を温めてくれる特殊なジェル。適量のジェルを、上半身や腰周り、太もも周りや足先などに塗布することで、部位の緊張を和らげ身体を温めることが可能。 筋肉を柔らかくし、怪我の予防対策にも。適量をさっと塗りこみ、ウェットスーツを着てストレッチやウォーミングアップをするとさらに温感が向上(体温にも反応)。効果は約2時間ほど持続するため、海の中でも温感を感じることができる。

この投稿をInstagramで見る

 

水温もグッと下がり、サーファーには厳しい季節になってきましたが、それでもサーファーは海でサーフィン! そんなサーファーの方々、ホットジェル使ったことありますか??? 直接、肌に塗り込み温感を感じるホットジェル!ホットレベルは選べる2種類 ハード🔥🔥🔥🔥レベル4 レギュラー🔥🔥レベル2 近年ウェットの進化が凄いですが、ホットジェルを活用しもっと快適サーフィンを! #ジェラルド #ホットジェル #オススメです #真冬の体をアツくする #ヒアルロン酸配合 #たっぷり使える195g

alohaground(@alohaground)がシェアした投稿 –

Photo:Instagram/alohaground

セミドライスーツ


真冬のウェイクサーフィンの基本アイテム、セミドライスーツ。通常生地の厚さは5mm×3mm。寒冷地仕様などで5mm×5mmなどがある。ウェットスーツは生地良し悪しで価格が大きく異なるので、安くて寒いものを選ばないように気をつけよう。また背中のファスナー部分は、防水ジップ、防水バリア、ノンジップなどいろいろなタイプがある。これらもそれぞれ特徴があるので、サーフショップの人に相談してみよう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

もぅすぐウェットスーツが必要な季節。 フルスーツ、セミドライスーツの用意はできていますか? peace surf crewでは現在オーダーフェアをやってます! オーダーフェア中にウェットスーツを注文すると普段かかるオーダー料金がかかりません。 今オーダーしてもらうと本格的なシーズンに間に合います! 是非フルスーツ、セミドライスーツはオーダーして快適に冬のサーフィンを乗り越えましょう! @peace_surf_crew @fitsystems_wetsuits #peacesurfcrew#fitsystems#roial#beachculture#奈良サーフショップ#サーフィン#ウェットスーツ#ウェットスーツオーダー#オーダーフェア#オーダーフェア開催中#サーフスタイル#サーフィンライフ#サーフィン好きな人と繋がりたい#サーフィンのある生活#冬#フルスーツ#セミドライスーツ#冬のサーフィン#日本海サーフィン#サーフトリップ#サーフィンうまくなりたい#サーフィン仲間#全てに感謝

kaji_naoya(@kj_naoya)がシェアした投稿 –

Photo:Instagram/kj_naoya

ブーツ


セミドライを着る季節になると、水中がかなり冷たくなっているので、ブーツも必要になってくる。ブーツはウェット素材でできており、防寒効果がある。ブーツにも厚さ3mmや5mm、8mmなど、形もベルトがついているタイプや、足袋のタイプなどいろいろある。素足により近い感覚で履きたい方には「ソックスタイプ」がおすすめだ。伸縮性に優れた素材を使用しており、靴下と同じ要領で脱ぎ履きするだけと簡単。自分のウェイクサーフィンスタイルにあったものを選ぼう。

Photo:Instagram/bewet_water_suits

グローブ


冬のウェイクサーフィンは水温が低く、体が凍えてしまうもの。ウェットスーツやドライスーツを着ていても、手足の部分から冷えが伝わり、体全体が冷え切ってしまう恐れもある。そんなときに必要なのが「サーフグローブ」だ。装着することで冷たい水から手を保護し、体全体の保温性が保たれる。ウェットスーツと同じ素材で作られた商品が多いため、保温性とフィット性の両方を得られるのも魅力。

Photo:Instagram/tricky_world_osaka

ヘッドキャップ


首から上の保温性に優れていて、冬場のウェイクサーフィンにはヘッドキャップが欠かせない。保温効果はもちろんのことだが、サーファーの宿敵であるサーファーズイヤー(外耳道に長期間冷水刺激が加わることにより、外耳道の骨の部分が隆起してしまう病のこと)の防止にも役立つので、冬期のウェイクサーフィンでは身につけるだけで安心してウェイクサーフィンすることができる。かぶってみるとその暖かさの虜になること間違いなし。

 

この投稿をInstagramで見る

 

✨冬のサーフィンを暖かく快適にしてくれるグッズ✨ . 冬の暖かグッズが入荷して参りました✨ . ラバーも柔らかで使い心地がとてもいいです✨ . サイズが合っていないと快適にサーフィンできませんので まだサイズが選べる今からご準備くださいね✨✨✨ . そして グローブやブーツに穴が空いてないか、お早めにチェックしてみてください🏄🏄‍♀️ . . 冬支度はお早めに✨ . #wcs #wcssurf #サーフィン #サーフ #サーファー #冬サーフィン #冬サーフグッズ #ヘッドキャップ #サーフグローブ #サーフブーツ #冬のサーフィン快適に #surf #surfing #surfer #wintersurf #surfgoods #boots #gloves #headcap

WCSSURF(@wcssurf)がシェアした投稿 –

Photo:Instagram/wcssurf


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 春のウェイクサーフィン

    【国内】日本の春は美しい。「湖畔を彩る桜」の絶景スポット3選!

  2. 【動画】超人女子「まいティ」こと田上舞子がウェイクサーフィンに挑戦!PART 4<最終回>

  3. レシピ

    ゴールデンタイムって知ってた?筋肉量UPの近道は、運動後45分以内の食事が大切!

  4. 嵐にしやがれ

    【嵐にしやがれ】櫻井翔がヒロミの指導でウェイクサーフィンに挑戦!in 浜名湖

  5. The Ritz-Carlton

    ただ美しいとしか言えない。思い出に残るラグジュアリーリゾート!

  6. 綿タオルの約3倍の吸水性!抜群の速乾性・吸水性で日常を快適に!

  7. 王道はいや!想いが詰まった世界にひとつだけの結婚式!

  8. 絶景

    【国内】青い、青すぎる!偶然が生んだ感動的なブルーの世界!

  9. サーファーのためのフレグランスブランド【PADROL】

PAGE TOP