【NEWS】CENTURION BOAT 2021model Ri245が遂に登場!!

centurion

世界NO1の波を作れるウェイクサーフィン専用ボート。

サンフランシスコ生まれのセンチュリオンは、他のメーカーよりもいち早くサーフシステムの研究開発を行い、世界で最もパワフルな波を作り出せるボートとして、アメリカ本国だけでなく世界で最も注目されているボートメーカーだ。センチュリオンがウェイクサーフィン艇として、ワールドチャンピオンシップの公式競技艇としても選ばれ続けているその実力は、デジタル制御であらゆる形状の波を作り出す最新技術が搭載されているだけでなく、革新的な走行性能や燃費性能、デザイン性に優れたラグジュアリーなフロアー、ハイスペックなオーディオシステムなど、あらゆる面で世界のウェイクサーフィンファンに衝撃と感動を与えてる。 そして注目の2021年NEWモデルのRi245は革命とも言われている。
ーーーーーー以下CENTURION BOAT JAPANよりーーーーーー

CENTURION BOAT 2021model Ri245が登場します!
センチュリオンがウェイクサーフィン専用ボートの進化だとすれば、2021年NEWモデルのRi245は革命と言えるでしょう。
Ri245は、より深く、より長く、より洗練されたスタイルと性能を備えたウェイクサーフィンボートでありながら、リーズナブルな価格帯を維持し、あらゆる分野の革新に同時に挑戦しています。進化したOpti-V船体により、世界最高の波、ライド、乗り心地が更にパワーアップしました。デザインは、Riシリーズの奥行きのある船体とFiシリーズのシャープなラインを融合させ、アグレッシブなスタイルを実現しています。センチュリオンのエンジニアは、Opti-Vを次のレベルに引き上げる革新的なランニングサーフェスを備えたり、レイフラットサンパッドラウンジシートの設置など、レイクライフを向上させる数々の改良をRi245に加えました。

センチュリオンの主な目標は生活をより良くすることであり、その結果は継続的な製品改良によってもたらされます。新しいクイックサーフプロ サーフシステムは、より長いブレードを採用して再設計され、ターンダウンしたトレーリングエッジを特徴とし、サーフサイドの反対側にさらに多くのリフトを生み出します。これにより、サーフコーナーでの水の変位が大きくなり、より広範囲の波の調整が可能になりました。

また、ボート全体に均等に配置された7つの独立したバラストを組み合わせることで、工場出荷時のバラスト量は5650ポンドにもなります。RAMFILLはRi245のバラストの半分を占めており、90秒で充填されます。これだけのウェイクサーフィン性能を持ちながら、Ri245は他の同サイズのモデルと比較して50%以上の燃費率の向上を実現しています。

新しい2021年モデルのセンチュリオンRi245は、革命的なボートです。より洗練されたスタイルと性能を備えたウェイクサーフィンボートでありながら、リーズナブルな価格帯を維持し、全ての分野に同時に挑戦しているのです。是非触れて、それを実感してください。
<参考・参照サイト>
CENTURION BOAT JAPAN


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ボートショー

    ジャパンインターナショナルボートショー2018 展示会レポート

  2. 【大会結果】JWSA年間ポイントランキング2017が確定

  3. INTERSTYLE

    最新のトレンドが満載のINTERSTYLE 2019

  4. CWSA2020 オンラインWRSシリーズイベント#2 リザルト

  5. INTERSTYLE february 2018 展示会レポート

  6. 【大会】JWSA公認 ウェイクサーフィン関東大会 X-CUBE CUP エントリー受付開始

  7. 五郎丸

    【NEWS】新ウォータースポーツに五郎丸選手らが挑戦

  8. ヤンマー

    年間10万人が訪れる「ヤンマーミュージアム」がリニューアルオープン(10/5)でエンタメ度アップ!!…

  9. 【大会結果】JWSA公認 びわ湖シリーズ2017第4戦 結果速報(12/3)

RANKING

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP