【How to】ボードの正しい保管方法!長く使うコツとは?

ボードの保管方法

ボードは手入れの仕方によって寿命が大きく変わる。丈夫そうに見えても間違った方法で保管すると、すぐに使い物にならなくなる。たった少しの手入れで、ボードの寿命を伸ばそう。

ボードの保管方法

ボードを保管する際のポイント


(1) 保管する前に真水で綺麗に洗い流し、やわらかい布でボードをなでるようにして拭き取る。

(2) サイズの合ったボードケースやボードソックスに入れて保管をする。ボードは「ワレモノ」なのでサイズが合っていないと、少しの衝撃でダメージを受ける恐れがある。

(3) ボードの保管で最も気をつけることはズバリ、温度管理。理想的な保管場所は風通しが良くて直射日光の当たらない場所。
室内の限られたスペースを有効活用できる、サーフボードラックがおすすめ。(つい車の中に置きっ放しにしてしまう人は多いが、炎天下の車内は灼熱地獄。ボードが変色、変形してしまうので要注意!)

(4) 亀裂や傷がないか日頃からチェックする。内部に水が侵入している場合、そこから腐食が進んでしまう可能性がある。

愛着のある道具を大切に扱うのは大事なこと。保管のポイントを守って、長く愛用しよう。

ボードの保管方法

<参考・参照サイト>
画像:Unsplash

WAKESURF MAGAZINEプレゼントキャンペーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. yoga

    【超簡単】1分でウォーキング50分と同じ効果の「 片足立ち」トレーニング!

  2. ウェイクサーフィンと防寒アイテム

    【How To】これで真冬のウェイクサーフィンも快適!防寒アイテムおすすめ5選!!

  3. Reverse plank

    【How to】たった30秒!?体幹トレーニングの王者「プランク」で若々しい体づくりを!

  4. 【How To】ウェイクサーフィンを楽しもう!初心者の為の10のヒント

  5. 【How To】トーイングボートについての注意事項!

  6. 【How to】人生観が変わる!?3分で分かるウェイクサーフィンの魅力!

  7. ランジ

    【How To】下半身の引き締めにも効果的!エクササイズ「ランジ」の正しいやり方!

  8. 腕立て

    【How to】たるみが気になる?二の腕痩せに効果的なノーマルプッシュアップ!

  9. 20秒から始める!老廃物を排出し、筋疲労を回復させる静的(スタティック)ストレッチとは!?

RANKING

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP